• ホーム
  • バルトレックスにジェネリックはあるのか

バルトレックスにジェネリックはあるのか

困っている男性

ジェネリック薬という言葉は現在では多くの人が知っている言葉です。
ジェネリック薬は新薬の特許の期限が過ぎた後に病気に対する有効成分を利用して安く薬を製造したものです。
新薬の開発には多大な費用と年月が費やされているため、その費用を回収するために薬の価格は高くなってしまいます。
しかしジェネリック薬はそれらの費用が必要なくなるため多くのメーカーが安く作り上げることができるようになるので安く効果のある薬を購入することができるのです。
新薬を開発してから10年間は開発した企業が特許を得て、独占的にその薬を販売することができるようになっています。

バルトレックスはすでに新薬としての特許の期限が切れているため、多くのメーカーがジェネリック薬を販売しています。
その数は顆粒で4種類、錠剤の場合には30種類以上ものジェネリック薬が販売されています。
バルトレックスはジェネリックを通販で買うとさらにお得なので、積極的に利用しても良いでしょう。
錠剤のバルトレックスは1錠あたり400円以上してしまうのですが、バルトレックスのジェネリック薬の場合には1錠200円前後の費用でバルトレックスと同じ薬効成分の薬を購入することができるようになります。

薬代が安く済むというメリットがありますが、ジェネリック薬には注意点もあります。
病気に対する有効成分はバルトレックスと同じものであっても、その他の構成物がメーカーによって少しずつ違ってきます。
そのため胃腸での薬の溶解時間や体内への吸収のされ方などが微妙に変化してしまいます。
有効成分以外の構成物の組み合わせによっては効果が出にくかったり、効果が出ない、逆に薬の効果が強く出てしまうという可能性も少なからずあります。
薬の効果が出すぎてしまうと、副作用も強く出てしまう可能性もあります。