• ホーム
  • バルトレックスと空咳、掻痒感などの副作用について

バルトレックスと空咳、掻痒感などの副作用について

カプセルと錠剤

バルトレックスは、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水痘、帯状疱疹などの、ヘルペスウイルスによってひきおこされる感染症に対して効果のある抗ウイルス薬です。
一般的にいって、ヘルペスウイルスというのは一旦感染してしまうと体内にそのまま潜伏をつづけてしまいます。
宿主がストレスなどで弱ったときに症状を再発させるという、かなりしつこい性格のウイルスなのですが、このバルトレックスは再発の予防にも使えるという意味で、この分野ではかなり使いどころのある医薬品といえます。
バルトレックスの服用量は、どのような病気かによって異なっていますので、医師や薬剤師による指示をしっかりと守って服用することがたいせつです。

通常の用途であれば、1回につき500ミリグラム相当を、1日2回にわけて服用することになります。
症状が比較的重い帯状疱疹のようなものについては、1回につき1000ミリグラム相当を、1日3回ほど服用する必要があるといった具合になります。
また、再発防止の場合であれば、1回あたり500ミリグラムを、1日1回のペースで継続して服用するということになっていますが、これは性器ヘルペスなどが再発しやすい人向けで、特に医師の指示があった場合に限られます。

バルトレックスはそれなりに強力であるため、場合によっては副作用などをおこす人もあります。
その副作用の事例としては、空咳がつづいたり、息苦しさがある、発熱があるといったものであれば、間質性肺炎とよばれる症状の可能性があります。
また、食欲不振や吐き気、体のだるさ、掻痒感、皮膚や白目の部分が黄色くなる、尿が濃い色になるといったものであれば、肝臓の障害がうたがわれますので、すみやかに医師に相談することが必要です。