黄色のカプセル

性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹といった、ヘルペスウイルスが原因となって引き起こされるさまざまな症状の治療に用いられているのがバルトレックスです。
バルトレックスはいわゆる抗ウイルス薬に分類される薬で、発症直後から服用を始めると早期に症状を改善することができます。
正しいバルトレックスの使い方をすれば、ウイルスの増殖を抑えるということに最も効果を発揮します。

バルトレックスに限らず、現代の医学においてヘルペスウイルスを完全に根絶できる薬は開発されていません。
ですからヘルペスの特効薬のように思われがちなバルトレックスですが、できることはあくまでもウイルスの増殖を止め、なおかつ不活性化を図ることだけです。
決して死滅させることはできませんので、症状が改善されても体内にヘルペスウイルスは残っています。
ですから中途半端な状態で薬の服用を止めてしまった場合は、再びヘルペスの症状が再発する可能性がありますので、たとえ症状の改善が実感できたとしても、医師から処方された日数分の薬はすべて飲むようにすることが大切です。

またバルトレックスにも副作用は存在します。
主な副作用の例としては頭痛、吐き気、下痢、強い眠気などです。
もしこれらの症状が強い場合、頻繁に起こるような場合はバルトレックスの服用を中止して医師に相談するようにしましょう。
もっとも比較的安全な薬ですので、過度に心配する必要はありません。
なおバルトレックスは医師に処方してもらう薬ですが、最近はインターネット通販でも簡単に購入することができます。
自宅でいつでも手に入れられるので非常に便利なサービスですが、粗悪品を売っているような悪質なサイトも存在しますので、くれぐれも信頼できるところから購入するようにしましょう。